So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

週刊少年ジャンプ13号感想 [WJ感想]


春一番と共に花粉飛散開始@常磐です。


つい昨日までなんでもなかったのに今日から急に来た・・・><

マスクは昨年シーズン終了後にまとめ買いしたヤツが大量にあるからいいけど
ゴーグルつけても目がかゆくて仕方ない・・・外出たくない・・・。
毎年飛び始めのこの時期が身体が慣れてないせいか一番つらいんですよ。
早く終わってくんねーかなマジで・・・杉の寿命が。

P5Rはようやくマダラメパレスクリアしました。
世の中はSの方で盛り上がってるようですが、これ以上積みゲー増やすのもアレですし・・・
いやでも頑張ればSの方が早くクリアできるならそっちのほうがいいのかな。


十三機兵も気になっているんだよなあ、今週のジャンプ感想です。



続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

週刊少年ジャンプ12号感想 [WJ感想]

イベント無事終了しました@常磐です。



コロナ関係で開催自体がなくなるのではないかとちょっと不安でしたが
ひとまず何事もなく(?)開催し無事終了したみたいで何よりです。

自分はコロナ対策というより花粉症のためマスクとゴーグル着用での対応と
なりましたが、都内で電車で通勤している身ですし、知らずに感染していて
無症状キャリアとなっている可能性はゼロとは言えないので念のため。

貴重な休日をほぼ丸々使い、重い荷物(在庫)を抱えて朝早くから出陣、
そしてまた重い荷物(在庫+新刊残り)を抱えて家に帰れば全身筋肉痛。

花粉症で頭は重いし、原稿制作による眼精疲労に寝不足、そして金欠と
毎回なんでこんな苦しい思いをしてまでイベント参加なんかしているんだろうと
脳の数少ない理性的な部分がそういっているのですが、イベントの最中の
買ってくれた方の顔とか、直接感想言ってくれた方の言葉とか、同じ苦しみと
楽しみを共有する方々との交流を思いだすとまたやりたくなる。まさに中毒。

部屋の一角に詰まれた大量の在庫(いつもの3倍刷ったのだから当然)を前に
「来週の春コミ参加しておけばよかった」と思っているあたりすでに末期です。
(一週間くらいあれば8ページのコピー本くらい作れそうだしなあ)

とはいえ11月の冬コミ原稿開始からここまでの3か月、ちょっと根詰めすぎて
いろいろなことがおざなりになっていたところもあるので、しばらくはそういうの
から離れて放置してたP5Rの続きでもやりたいところ。


次のイベントは5月、今週のジャンプ感想です。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

週刊少年ジャンプ11号感想 [WJ感想]

入稿完了しました@常磐です。



そして印刷所から提示された請求金額にひゅっとなる今日この頃。
そりゃそうだよな…実質今までの3倍刷ったと同じなんだから…そうなるよな…。

ちなみに今日は有休とって「頑張った自分へのごほうび~」として
ラクーアとか大江戸温泉とかでのんびりしようかと思っていたのですが
コロナのこと考えるとちょっと不安が過ぎるので当面延期へ。



明日は無配原稿仕上げよう、今週のジャンプ感想です。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

週刊少年ジャンプ10号感想 [WJ感想]

メイドインアビス4DXとか正気か?@常磐です。


自分もすでに3回見に行って正気を失いかけている感もありますが
公式も大概頭おかしい。いや最初からだったか。


0203.jpg


個人的に4DX視聴は楽しいから好きなんですけど(プロメアとかヤバかった)
この映画でそれをやったらまずいでしょ、常に観客は上昇負荷によるナレハテ化に
怯えつつ、予告でのレグ緊縛シーンではともにシートに縛り付けられて目隠しされ
腕をちょん切られる苦痛を味わって、件のこぼれちゃうシーンでは匂いとともに汁が
顔にかかる感覚を疑似体験せよと?大丈夫?観客人間のまま帰れる?

とはいえ4DXなら仕事終わった後に行けるというメリットはあるんだよな。
スタッフ本や色紙の再配布もあるみたいだし、一度くらいなら…うーん。
せめて「マルルクちゃんの日常」を一つでもやってくれるなら行くのになあ。


祝いと呪いは似ている、今週のジャンプ感想です。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

週刊少年ジャンプ9号感想 [WJ感想]

メイドインアビス劇場版見ました@常磐です。


上昇負荷が高い。


いやあ話には聞いていましたが壮絶でしたねえ…まあアニメ終盤に出てきた
「吐き気を催す邪悪」を体現したような奴がメインなんだから当然なのですが。
度し難いという普段使わない言葉はこういう時に使うのかと理解した映画でした。

覚悟してからいったおかげかグロ描写は割と控えめだったように思います。
序盤の虫と魚の描写は気持ち悪かったし予告の例のシーンはやばかったけど
それよりも後半は描写が控えめな分心に来るものが多かった気がします。

ちなみに終わってから原作を読んでみたのですが、よくあれだけのボリュームを
ほとんどカットすることなくまとめたなと感心しました。てか原作で読むとボンドルド卿
結構好きかもしれない、もともとああいうブレない信念の科学者キャラ好きですし。
(ブリーチのマユリ様とか銃夢のドクター・ノヴァとか)

あ、本編開始前の短編アニメは癒しでした。
別の意味で性癖がゆがみそうなくらい度し難かったですけど。


原稿の性癖もゆがみそう、今週のジャンプ感想です。



続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

週刊少年ジャンプ8号感想 [WJ感想]


メイドインアビス(TV版)見ました@常磐です。


以前から気になっていた作品だったんですが見損ねてまして
劇場版公開に先駆けてアマプラで無料配信してたので一気見してみました。


何この救いようのない世界樹


タイトルと絵の雰囲気だけで「深層の迷宮でメイド大活躍!」的なものを勝手に予想
してたんですが(今考えれば恥ずかしい)、そんな甘い考えを吹き飛ばすようなハードな
展開の連続にいろいろとブレインシェイクされたこの週末でした。ミーティには泣いた。

で、見終わった感想が「リアル世界樹の迷宮」
世界観にワクワクするところもキャラクターがかわいくて一見さんが騙されるところも
実は残酷で理不尽で救いようのないところもまさにそれ。いや上昇負荷(呪い)がある分
アビスの方が怖いか。階段上るだけで死にかけるとか何それ怖い。

でも、うん、すごくよかったです。特に背景美術とキャラクター造形とクリーチャー描写。
おそらく原作の世界観がしっかり作りこまれているんだろうけど、アビスという世界の
美しさと恐ろしさをものすごく丁寧に描き切ってる。あとクリーチャーは動きも細かい。
静画部分も動画部分もめちゃくちゃ描きこまれてて…これ本当にTVでやったの?

あと描写がなかなかえぐい。ゲームでは血も見えないし、毒もステータスの変化だけで
毒消しで治せるし、どんなに瀕死の重傷を負っても魔法か手当で元通りになるけど
実際に受けたらこうなるんだよ、ってのを幼女の悲鳴と嗚咽と絶叫で教えてくれます。


劇場版もヤバいらしいね、今週のジャンプ感想です。




続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

週刊少年ジャンプ6・7号感想 [WJ感想]


あけましておめでとうございます@常磐です。


昨年後半はイベントへのサークル参加を決めた事で、原稿だの締切りだのといった
今まで考えた事もない概念に追われる1年(実際は半年)となりました。
これまで漠然とゲームやツイッターやソシャゲに費やしていた平日の余暇や休日が
全て創作活動一色に塗りつぶされるのは大変だけどとても楽しい。

昨年前半のマンガスクールも通っていた当初はそこまで有意義に思えなかったけど
取っ掛かりのプロットやネームの描き方とか背景を描くコツとか、要所要所で学んだ
ことが役に立ちましたね。何より「やれば何とかなる」という自信がついたのが大きい。

ちなみにそのスクールで一番有意義だと感じたのは、最終回で編集サイドの話を
聞けたことだったかなあ。プロとして活動していくなら、自分が描きたいものを
描きたいだけ描くことは諦める
ことだ、ってのはなかなかに衝撃的でした。
(なお「○○みたいな漫画描ける?」みたいな話は普通にあって、私もネームを見て
もらった後に「復讐モノとか極悪人とかが主役の漫画描ける?」とか聞かれた)


実際あの尾田先生も編集者と議論して話を作ると言っているし、鬼滅が主人公から
何から全て一新させられた上に連載まで1年かかったというのは有名な話。
逆に編集部の手を離れて自由に作っている(と思われる)某サムライ漫画が
分かりにくい世界観や複雑すぎる台詞回しなど諸々の理由で低迷してるわけで。
編集の力ってのは予想以上に大きいというのが良く分かった1年でした。

コミケで島本先生をはじめ、プロの漫画家やアニメーターが自腹切ってサークル参加
しているのが以前から疑問だったのですが(プロだから十分採算取れるというのもある)
結局のところ「好きなものを好きなだけ描ける」場がいいんだろうな、と気づきました。


今年もよろしくおねがいします、今週のジャンプ感想です。



続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

あけまして2020 [日記]


あけましておめでとうございます@常盤です。


ENNCF28U0AE0pyf.jpg


遅れましたが先日の冬コミに来ていただいた方(ここにいるかどうか分かりませんが)
本当にありがとうございました。本を買っていただけただけでなく、差し入れをくださったり
「twitter見てます」「朝目から知ってます」「pixiv見てました」とか言ってくれる
方もいてちょっと泣きそうになりました。今までやってきて良かったー!

しかしやっぱりコミケは人数が段違いですね・・・いや知ってたけど。
目の前がFGOの壁サークルだったのもありますが、とにかく人が途切れない。
あと意外と男性の方が買ってくれたのがびっくり。いや一応オールキャラだけど
内容的には女性向けだろうなと思ってましたんで。これもコミケだからなのかね。
(ジョーカーのイケメンコスプレイヤーさんが既刊含め全部買ってくれました)


2019年は当ブログにお越しいただきありがとうございました。



続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

週刊少年ジャンプ4・5号感想 [WJ感想]


ジャンプフェスタ2019行ってきました@常磐です。


1223_5.jpg


信じられるか…これ全部無料配布なんだぜ…?
しかも入場無料…この出版不況のご時世にずいぶん大盤振る舞いだよなあ。
特に右上のキャップなんてかなりしっかりしてるし、デザインもシンプルだから
普段使いも可能、しかも会場限定のキャラグッズ。主催者大丈夫なのこれ。

そして最大の目的である原画展もいってきました。
今年は(もしかしたら去年から?)スマホでなら写真撮影OKということで
とてもありがたかったのですが、そのせいで非常に混雑していてじっくり
鑑賞できる状況じゃなくなってしまっていたのが残念。

しかしやっぱり今はジャンプでもデジタル原稿が圧倒的なんですね。
現連載陣でアナログはワンピ・ヒロアカ・鬼滅・ハイキューくらい?あと多分ハンターか。
もちろん内容にも絵の魅力にも優劣はないのですが(むしろ仕上がり綺麗さ
ならデジタルに軍配が上がる)、純粋に鑑賞対象としてみるにはやはりアナログ
の方が筆運びや修正のあと、はみ出しやトーン削りなど見れるのが楽しい。

1223_1.jpg 1223_2.jpg
1223_3.jpg 1223_4.jpg

特に見てよこの尾田先生のカラー!B3サイズ全体に描きこまれているというのに
一切迷いのない線と鮮やかな色彩!アップで見ると色のにじみとかホワイトの
ハイライトの盛り上がりとかが見て取れてもう最高。

ちょっと前だけどクレイモアの八木先生の描いたまるで油彩のようなクレアとか
シンプルなだけにごまかしのきかない久保先生の描いた海辺の一護たちとか
ずっと見ていたかったな…画集も持ってるけどやはり生原画には及ばない。

だからいくらきれいでも「複製原稿」ならいらないんですよね。
この原画そのものが手に入るならいくら積んでもいいけどさ(まあ買えないが)。



私もいつかアナログに挑戦したい、今週のジャンプ感想です。



続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

週刊少年ジャンプ3号感想 [WJ感想]


冬コミカウントダウン@常磐です。


入稿無事完了しました。


1216.jpg


毎回(と言ってもまだ3回目ですが入稿終わってからイベント当日までの間が
一番苦手です。無事当日参加できるのかとか、ちゃんとできてるのかとか
そして何より売れてくれるのかというところが不安で仕方ない。
特に今回はこの手の最大メジャーであるコミケット。

ま…まあ全く売れなくても原稿描くの楽しかったしね!
いや本当に結構楽しかったんですよ、始めたばかりだからなのか毎回新鮮で。
あと4コマと違って一度筆が乗れば3~4ページくらい一日で完成できるのも
モチベーションを維持するにはちょうど良かったみたいだし。

てか自分がコミケにサークル参加者として行くなんて考えたこともなかったな。
一般参加者としてなら10年以上も前から盆暮れのノルマのように行っては
いましたが、どこかお祭りを通りすがりで楽しんでる感じだったから。
(買い物の方が優先なのでサークル参加などしている余裕はなかった)


あとは無配漫画だけ、今週のジャンプ感想です。



続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -