So-net無料ブログ作成

ジャンプフェスタ2008(2日目)感想 [WJ感想2008]

今日は単独行動は控えた方がいいでしょう(朝の占いより)


独りですが何か?@常磐です。


2日連続でオチがついたところで。
無事ジャンプフェスタ2008から帰ってまいりました。
今日もすごい人でしたが、結局累計入場者数はどれだけになったんでしょうかね。

昨日のうちに原画ブースはほとんど見て回っていたので、
今日はイベントステージをメインに会場内をくまなく歩いてイベントなどもこなしてみたり。
前日より人は多いはずなのに何となく流れは比較的スムーズな感じがしました。

人がばらけてたのかな…?


というわけで、ジャンプフェスタ2日目のレポ…いやメモです。



■■■ジャンプフェスタ2008(2日目) 感想■■■


■JUMP BOX

会場奥メインブースの近くに置かれた黒い箱のような展示ブース。
(これが赤い箱だったらまた別なのを想像したのですが)
わざわざ光を遮断しているからには、中ではスクリーンで何かの映像作品でも
上映しているのかと思ったら、WJ、VJ、SQの作家の描き下ろしイラストの展示室でした。

そういえば去年か一昨年かは巨大ツリーの周囲にそんなのあったっけ。
予想とは違いましたが、原画とはまた別の趣があって見れて良かったです。

以下、感想を箇条書きで。
  • うすた先生(ジャガー)「来年こそはがんばれよ」
    …うすた先生こそ来年は原稿落とさないよう頑張ってください

  • 岸本先生
    ナルト怖ッ!

  • 真田「JUMP BOXに行かんかああああああ!!」
    許斐先生…

  • ボッスン「飽きられるまではがんばります」
    …飽きられるまでとか言わないで(涙)

  • 松井先生(このサイズで読み取れますかね?)



    こちらこそ来年も楽しい展開を期待しております。


以上、紹介なんだか感想なんだか分かりませんが。

しかし今回のJUMP BOXにはWJ2号か3号、VJかSQの2月号のうちのどれかに
掲載されていた入場券が無いと入れなかったせいか、予想以上に人が少なかったような
気がしました(私も初日はチケットがなくて入れなかったし)。

知らないでやってきた親子連れが入れなくて(´・ω・`)ショボーンとしていたシーンもあったし。
まあおかげで比較的待たずに落ち着いて見学が出来たと言うことはありますが。

うーん、こういうのはもっと多くの人に見てもらうものじゃないかなあ…?



■銀魂オリジナルステッカー

同じくWJ3号に掲載されている特別引換券と交換できるJF限定(?)のステッカー。
アニプレ、コスパ、バンプ、バンナム、ブロッコリー、メイトの6ブースでそれぞれ一種類ずつ
用意されており、集めるにはほぼ端から端まで歩くことになる何気にハードなイベント。

アニメDVDやゲーム、コスプレグッズにキャラグッズと、違うブースに行くごとに
それぞれ違う銀魂のグッズや商品が並んでおり、銀魂の意外なメディアミックスの幅広さも
うかがい知ることもできました。

しかしこれもまた、引換券を持っておらず(´・ω・`)ショボーンとしていた人多数。



■ネウロブースイベント「犯人を捜せ!」

会場内に置かれたヒントからあかねちゃんのトリートメントを盗んだ人物を捜査するもの。
ヒントを元に推理を組み立てていくというよりはただの伝言ゲーム的なノリだったためか
ラストのヒント(?)にほぼ答えが書かれているような感じの推理ゲームでした。

まあ、これくらい簡単な方がいいのかも…

ちなみに答えは「浅田先輩」。
あかねちゃんのトリートメントを一体なにに使ったんだ…!

なお正解者にもらえるのは「桂木弥子探偵事務所の名刺」。


画像ではよく見えないかもしれませんが、肩書きに「女子高生奴隷探偵」と書かれています。



■ワンピブースイベント「歴史の本文解読」

こちらもおなじく会場内をめぐってヒントを探すイベント。
銀魂のステッカーもそうですけど、何気にブース間を歩かされるイベントが多かった気がします。
おかげで足が棒のようになりましたよ…。

しかしこのイベント、解読するのに必要なチェックポイントが10箇所(たぶん)と結構多いのと
何処に行けばチェックポイントがあるのかのヒントがほとんどなく、また景品の交換は会場の
外に出なくてはならないというもののため、結局最後まで見つけられずにコンプリートは断念。

いやホントもう、限界だから…!



■ギャグマンガ日和イベントステージ


祝!第3期!!


しかしまたCSかよ…_| ̄|○

ゲストは大地監督と前田さん(太子、曾良の中の人)と名塚さん(うさ美の中の人)。
てか一人何役もこなしていることは知っていたけど、実際一人で20役以上とかすごいですね。

あと台本はなくてみんなマンガ(原作)を読みながらアフレコしてるとか、
マイクの前に立つのではなく、椅子に座ったまま読み合わせもなく一発録りとか、
よくわからないけどいろいろすごかったです。


もう少し聞いていたかったのですが、メインステージでネウロが始まってしまう時間に
なってしまったため、泣く泣く中途退場(スミマセン)。



■魔人探偵脳噛ネウロステージ(メインステージ)

松井先生は予想通りというかなんというか、細身の比較的若いおにーさんでした。
ただなんとなく全体的に妙な黒いオーラが漂っている気がしたのは私の気のせいか。

ステージは声優さんのトークをメインに松井先生の仕事場や原稿の制作過程をVTRで紹介。
原稿の製作中にいきなり料理が始まったりとか、原稿を鍋で煮たりとかやりたい放題w
そして一番気になる今後のネウロの展開は…


松井「シックス編は来年が山場になると思います。
    おそらく
今までのネウロの中で一番の山場になるかと…
    まさかあのキャラがあんなことに…とか
    今までの伏線を回収しながら、今年中にクライマックスに
    持っていけたらいいな、と思っています。」


一言一句同じではないですが、まあ大体こんな感じでした。
しかしHAL編よりもヤマ場になるとかって一体どんなんなんだ。

伏線…というと、やはり気になるのは刹那女史の病気とかXの存在とかですかね。
ネウロ本人の事情(魔帝7ツ道具を使えるほどの魔人がなぜ地上にとか)もちょっとでいいから
明かされると楽しそうです。

あ、あと忘れちゃいけない、あかねちゃんの本体の話も。


来年は楽しみな一年になりそうです。



■ワンピースステージ(メインステージ)

さて、毎年ジャンプフェスタの最後のステージを飾るのはワンピース。
毎回メイン声優+原作者勢ぞろいの豪華ステージです。

何よりも参加メンバーが仲良くて、見ていても作品が好きだってのが分かるのがいいですね。
声優さんたちはこのほかにも東映ステージとかでも精力的に活動していたのですが、
どのステージでもサービス精神旺盛にしゃべりまくっていたのが印象的でした。


で、ラストステージ。


vsオーズ戦の原画生アテレコで登場した声優陣。
舞台せりから格好よく登場したのもつかの間、観客一同その姿に思わず大爆笑。
どうやら「3年SEA組赤髪先生」のコスプレらしいのですが、
  • 平田サンジは金髪リーゼント
  • 中井ゾロは緑髪モヒカン
  • 岡村ナミは女子高生
  • 山口ロビンは昔のスケ番風
  • 大谷チョッパーはよくわからん格好
  • 矢尾フランキーはボン・クレーとの一人二役
  • 田中ルフィはなぜかガリ勉

そしてラストには―――


赤いカツラの尾田先生登・場!


なにこのノリノリな原作者。
それにしても尾田っち去年より太ってませんか?


まあそんなこんなで冒頭からフルスロットルのステージでしたが、
間髪いれずに次のコーナー「自由研究発表」と題したワンピースの今年と今後につて。
  • ロビン・フランキーコンビが夏に行われたワンピースイベントの成果発表。
    USJは知ってましたが由比ガ浜でもイベントがあったとは知りませんでした。

  • サンジ・ゾロコンビがイタズラの歴史と題して、ロビン復帰を祝ってイタズラを敢行した話。
    声優・アニメ製作スタッフ一丸となってのセルフパロMADとか、ちょっと感動モノ。

  • ナミ・チョッパーコンビは、今年の春の映画の宣伝。
    今回は原作リメイクと言うだけではなく、尾田先生も脚本にかなり関わっているとのこと
    なのですが、その理由というか動機というのが―――


    尾田「この話は自分でもかなり好きな話なので
        自信のある前半とか
    壊させないぞと言う感じで…」


    「壊させないぞ」って…
    昨年のアラバスタリメイクは結局見なかったのですが、何かあったのでしょうか?
    …と思わず勘ぐってしまいたくなるような、そんなギリギリトークでした。

  • ルフィ・ウソップコンビは今後の展開についての予想
    まともに予想しているのはルフィ(田中)くらいで、あとは自分の願望とかばっかりw
    しかしサンジ(平田)の「実写化」予想は別の意味でありえそうで怖いです。

    ドラゴンボールとか…ね…

以上、トークはこんな感じで終始笑いのなかで進行。
ラストは歌を歌って祝砲あげて退場して…気付けばあっという間の50分間でした。

長いステージを全く飽きさせることなく終了させた声優&原作者に改めて拍手。
しかし尾田先生、さすがにあと10年とかは無理ですから! 待てませんから!
(いやこれは尾田先生が言ったのではなく、ゲストが激励を込めて言ったものですが)

いやいやまったく、楽しいステージでした。




- - - - - - - - - - - - -


以上、ちょっと微妙な点も素晴らしかった点も含めての2日目の感想でした。

しかし実際、今日は意外と移動が楽だったような気がしました。
通路もイベント前後を除けば結構スムーズに通り抜けることができた感じでしたし。

来年はもっと人が増えるんですかねえ…


それでは。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0